【まだ間に合う】シーズン9で高レートになったサモナーが秘密にしている9つの裏ワザ

2019年8月27日火曜日

プレイガイド

t f B! P L

シーズン9で高レートになったサモナーが秘密にしている9つの裏ワザ


皆さんこんにちは。シーズン9も終わりに近づきそろそろ皆さんの最終ランクが確定し始めている時期である。きっと予想以上に伸びた人もいるだろうし、停滞したり、あるいは昨シーズンより下がった人もいるだろう。

そこで今回はシーズン9を少しでも良い成績で終えるために欠かせない基礎をまとめてきた。読んで是非あなたのソロキューライフに役立ててほしい。

1.数より質

>>>>>>>>>

脳死で回数だけを回すソロキューは今すぐにやめよう。
もしあなたに10回ソロキューを回す時間があるなら5回だけにしておき、5回の内の1回1回を集中してプレイすることを強くお勧めする。そうすることで、きちんと自分に足りないところが見えてくるし、ランクも上がりやすくなる。

2.欲張りなオブジェクト思考

貪欲なオブジェクト思考だけは絶対にやめよう。例えばあなたがボットガンクに成功して敵を倒した場合、自分の体力がとても少ないor相手のMIDレーナーやジャングラーの位置が把握できていないなら大人しくリコールして、手に入れたキルゴールドを装備に変換しよう。

もし欲張りに動いて捕まった場合、君が得たゴールドの実質的な価値は、相手に手に入ったゴールド+デスしている間に落としたミニオンの数で0もしくはそれ以下になる恐れがある。

またレイトゲームではデスタイマーが特に長いため、序盤の2倍増しぐらい控え目に動くことを心がけよう。せっかく集団戦に勝ったのに、ラプターのつまみ食い中に殺されてしまって、エルダードラゴンやバロンナッシャーといった重要なオブジェクトを取られてしまってはどうしようもない。

とにかく集団戦の後こそ、より慎重にプレイすることをお勧めする。

3.勝ち馬に乗ろう

君のチームにとって最も強い戦略を採用しよう。自分の気持ちよさを優先することは絶対にやってはいけない。試合の勝利が遠のく。以下3通りの勝ち馬を見つけて乗りこなそう。

・WINレーン

もしあなたがADCだった場合、味方のTOPレーナーがレーンで圧勝していたら、TOPレーナーに合わせる形で行動するよう心がけよう。

・ハードCC or No CC構成

もしあなたのチームのCC量が多かった場合、ゲーム中盤でのチームファイトをチームに提案しよう。逆に、アサシンやファイターといったCCが少ない構成だったら、無理にチームファイトへ持ち込まず、ピックアップ多く発生させられるように心がけよう。

・レイトキャリー

もし君のチームにナサスやライズなどのレイトキャリーが多かった場合は、彼らがどれだけレーンでソロキルされるなどの不利を背負っていても、miaピンを炊いたり、15分でサレンダーを通そうとしてはいけない。何故なら彼らのパワースパイクはまだまだ先であり、きっと逆転するほどの爆発力を秘めているからだ。

少々のミスには目を瞑ることが出来るクールなサモナーになることを心がけよう。

4.従わせるか、従うか

もしあなたとそれ以外のチームメイトのショットコールが違った場合は、素直に数が多い方に従おう。ソロキューは個人のゲームだが、意識が統一された集団の方が勝利に近いのもまた事実である。たとえそのショットコールが間違っていても(ex:バロンタイム中のボットレーンへのピックアップ)、数の力で何とかなってしまうことが多い。

もし君のTOPレーナーがとんでもなく育っていてスプリットプッシュを従っているなら、
一緒にサイドレーンを押そう。

もし君以外のチームメイトが集団戦をやりたいなら、君はスプリットプッシュをやめて、チームに合流しよう。

あいつらは分かっていない!間違っている!俺のコールが正しい!と否定するのではなく、柔軟に対応しよう。

5.蛮勇か冷静か



アグレッシブにプレイすることはとても素晴らしいが、周りの状況が分かっていないのにアグレッシブに攻めることだけは絶対にやめよう。

例えば、敵ジャングラーの位置が長時間分かっていなかったり、タム・ケンチなどのグローバルスキル持ちが持ち場を離れていたりした場合は、CSを捨てても構わないから一回下がろう。

もしアグレッシブに攻めたいときは、一度冷静に周りの状況を確認してから攻めるかどうかを判断しよう。きっとその方が上手くいく。

6.デスタイマーの使い方


もしあなたが復活待ちだった場合、その時間にネットサーフィンをしたり、トイレに行ったりするのではなく、次にやることを考えよう。
例えば、TOPレーン以外のアウタータワー(一本目のタワー)が折れているなら、復活した後TOPのウェーブを押して折りに行くなどだ。

他にもドラゴンが発生する前だったら、復活したらすぐにドラゴンに行こうとチャットに打ち込んでチームメイトを従わせよう。

やることが明確なチームほど勝利に近いのである。

7.リプレイの意味


リプレイはあなたのスーパープレイを鑑賞するためだけの機能ではない。勿論そのような使い方も正しいが、あなたのスキル向上に役立てた方がもっと有意義である。
試合が終わった後すぐに次のゲームに行くのではなく、試合のリプレイを確認してあなたのミスした部分or改善しないといけない部分を2つほど頭に入れておくことをお勧めする

そうすることできっとあなたは数だけ回すプレイヤーより、最終的には上達していくだろう。

8. 1ロール・3チャンピオンルール



 LOLには魅力的なチャンピオンやロールがたくさんあるが、ソロキューでは必ず
1ロール・3チャンピオンルールを徹底した方がいい。

勿論メタによってOPチャンピオンが変わり、そのチャンピオンがとても魅力的に見えるのはよくわかるが、あくまでも自分が今メインで使っている3チャンピオンのみを使い続けるべきである。

有名なワントリックプレイヤーたちはこれを繰り返してきた者たちである。将来の有名OTPはきっと君だ!

9. 3LPを犠牲にする>>>>負けて20LPを持っていかれる

<ユーミADCやります

ソロキューを多く回していたら、トロールピックやいかにも弱そうな構成に巡り合うことが時々あるだろう。そのような場合は素直にドッジして5分ほど待つべきである。

何故なら負けた時の減少LPの方がはるかに多いし、試合中にかかるあなたのストレスも
計り知れないだろう。

ただし低レート帯で、味方の勝率が低いという理由でドッジすることだけはあまりおすすめしない。何故ならあなたがキャリーすればいいだけの話である。

さいごに

ここまで読んでくれて本当にありがとう。最後に出来るアドバイスだが、あまり気負いすぎないことだ。受験勉強などだったら、一つ一つの結果を重く受け止める必要があるが、LOLは娯楽、つまり楽しいものだ。負けてしまっても気にせず肩の力を抜いて、楽しくプレイすることが一番勝利へ近づくコツだ。

参考元
10 Tips You NEED TO KNOW To Climb Ranked For End Of Season 9 | League of Legends


おすすめ記事

ブログランキングに参加してます

このブログを検索

Twitter

共有する

フォローする

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

QooQ