【どっちが勝つ?】V3 esports vs Crest Gaming Act戦の勝者を大予想

2019年8月28日水曜日

LJL

t f B! P L
皆さんこんにちは。楽しかったオールスターも終了し、いよいよLJLもプレイオフシーズンまで残り数日となりました。プレイオフ初戦を飾るのは、優勝経験者を多く抱えるV3 esposrtsと昨シーズンのリベンジに燃えるCrest Gamig Actになります。

どちらも若いチームでありながら、シーズン中に王者であるDFMから勝利をもぎ取るという偉業を成し遂げており、今年のプレイオフはDFMの圧勝という今まで通りの展開にいかないことが予想されます。

そこで今回はV3 esposrtsとCrest Gamig Act。どちらのチームがDFMへの挑戦権を得るか、今までの試合を振り返りながら考察していきたいと思います

チーム戦略の特徴 

まずチームの特徴ですが、基本的にはどちらも後半の集団戦にフォーカスを当てたチームです。
しかし異なるのは、V3がYutorimoyashi選手のキャリー力に依存しているのに対して、Crest Gamig ActはArt選手とLuna選手のキャリー力に依存している点です。

そのため、両チームが戦った試合では必ずと言っていいほど、先にキャリーを育てることに成功したチームが勝利しています。そのため、プレイオフでも先にキャリーを育てたほうが勝利を手にすると思われます。

初戦 CGA vs V3|LJL 2019 Summer Split Week 4 Game 1


試合結果:CGAの圧勝

・試合内容

まず見ていくのは、今シーズンに初めて両チームが対戦した試合。
この試合に試合展開としては、CGAの要であるLuna選手とArt選手が序盤からレーンで大きく有利を握り、そのままスノーボールしきって試合にも勝利するというCGAの圧勝となりました。

V3がコテンパンにやられてしまった理由としては、Ace選手がレーン段階で大きく有利を握られてしまったことと、Botレーンでトリスターナーのパワースパイクがキルによって大幅に早まったことです。更にV3の序盤を支えるPaz選手がブラッドミアを採用していたこともあり、誰も育っていなかったということも理由の一つとして挙げられます。

・この試合の注目ポイント

Atyamomo選手のユーミのパフォーマンス

ユーミをピックした試合は100%勝利しており、またDFMにも勝っていることから間違いなくマストバン候補

Luna選手のチャンピオンプール

コーキ、ゾーイ、イレリアなど多くのBANを割かれていたにも関わらず、キヤナをピックして大活躍 彼の存在がCGAのBOTを支える要因にもなっている

第二戦 V3 vs CGA|LJL 2019 Summer Split Week 6 Game 7

試合結果:CGAの勝利

・Ban/Pick

次は二戦目の試合。コテンパンにやられたV3はBan/Pickでキヤナ、ニーコ及びコーキや
ルブランといったチャンピオンをBANすることで序盤から崩れるのを防ぎ、かつLuna選手のピックを限定する戦略を採用。

対してCGAはジェイス、カルマ、エリス、スレッシュ、エズリアルとV3側のパフォーマンスの良いチャンピオンを取り上げました。

・試合内容

そして肝心の試合内容ですが、Baby選手が前回とは異なり、徹底的にAceを介護する立ち回りを見せ、更にAce選手自身もレネクトンというレーンが強いチャンピオンを採用することで、前回のようにレーンから崩れることを防ぎました。

一方BOTレーンでもV3側はレーンから崩れないことを強く意識していました。ユーミを取り上げる、レーンでADCを助けられるタムケンチをファーストピックで抑え、また相性の悪いADCを当てられないようYutorimoyashiのピックを最後まで隠すといった徹底ぶりです。

この甲斐もあってか、前回のようにレーンから崩れることを防ぎ、かつタワープレートボーナスといった有利を築くことにも成功しています。
しかし肝心の集団戦ではAce選手とPaz選手のフォーカスミスが続いてしまい、CGAの要であるLuna選手とArt選手を自由に暴れされてしまい、CGAの逆転勝利となりました。

・この試合の注目ポイント

CGAとV3の集団戦
この試合ではっきりしたことは集団戦の練度はまちがいなくCGAに軍配が上がるということです。序盤のゴールド差による装備差ができ、かつV3側からエンゲージした集団戦でも
CGAはLuna選手とArt選手を守りきって勝利しています。

このことからV3側が勝利するために求められるのは、今以上にはっきりとしたゴールド差を序盤でつけ、かつCGAの得意なレイトゲームにもちこませないことです。

Paz選手の安定感
TOPレーナーであるPaz選手は1戦目もそうですが、ジャングラーによる介護をあまり受けていないのに確実に有利を築くことに成功しています。彼のレーンでの強さのおかげでBaby選手はMIDとBOTにケアする余裕が生まれているのでしょう。

第三戦 CGA vs V3|LJL 2019 Summer Split Week 9 Game 5



試合結果:V3ついに勝利 しかも圧勝

・Ban/Pick

そしてシーズン最後の直接対決。Ban/Pickですが、V3側は前回同様にユーミ、キヤナをバンすることで序盤の守りを固めます。対してCGA側は一転してサイラス、エリス、オラフをバンし、かつグラガスを先にピックするという今までとは異なるBaby選手のピックを縛るBan/Pick戦略を採用し、V3サイドの序盤を弱さを突く作戦に出ます。

対してV3側は前回とは大きく異なり、崩れてほしくないレーンのピックをあえて先に出し、かつ序盤の屋台骨であるPaz選手にカミールを、そしてAce選手にはカーサスという
意表をついたピックで勝負に出ました。

試合内容

試合はオーシャンドラゴンのファイトから大きく動き出します。CGA側が序盤のオーシャンドラゴンを狩っているところを見つけたV3サイドはPaz選手以外が集合して強襲を行い小規模戦に勝利します。これによってカーサスとアカリ、そしてエズリアルにゴールドを入れることに成功しました。

さらにその後もゴールドを得たことによって水を得たAce選手が積極的に小規模戦を起こし、カーサスの魂の収穫スタックを次々と貯めていきます。

そしてその後も小規模戦によって育ったキャリー陣を抱えたV3サイドはスノーボールしきり、最後は念願の勝利を獲得しました。

この試合でV3は前回の試合ではできなかったはっきりとしたスノーボールを成功させたのです。シーズンを通してのチームの成長がはっきりと見られます。

・この試合の注目ポイント

変化したV3
前回、前々回のようにCGAの得意な集団戦に応じるのではなく、今回のV3はカミール、タム・ケンチ、アカリ、カーサスといったピックアップ&バーストが強いチャンピオンを揃え従来のYutorimoyashi選手が育つのを待つのではなく、序盤のパワースパイクを活かした小規模戦によって、キャリー陣の誰かにゴールドを持たせる戦略を採用しました。

特にカーサスというジャングルが非常に巧妙なピックで、例えキルできなくても魂の収穫スタックさえ獲得できれば育ってしまえ、時間がたつごとによりピックアップがやりやすくなります。

また、カミールやアカリといった対象指定に近いCCと併用することで、前回のようにフォーカスがずれて集団戦で逆転されるという懸念も解消できます。

非常に練られたピックおよび戦略だと考えられます。

アカリ神Ace
LJLでまだ若輩なこともあってなにかと苦労の多いAce選手ですが、アカリのパフォーマンスはとてつもなく高いです。今回のV3サイドのスノーボールもアカリのエンゲージが無ければ成立していません。プレイオフでも間違いなくPick or Banになるでしょう。


勝利予想

さて、長々と話しましたがV3 esposrtsとCrest Gamig Actのプレイオフ。BO1だけで見るなら間違いなく勝率は五分五分になると思います。

ですが、今回の試合はBO5です。V3にはBO5慣れしている選手が多くいますが、昨シーズンに同じメンバーでBO5に望んでおり、かつ今シーズン絶好調であるArt選手とLuna選手を抱えるCrest Gaming Actの方に軍配が上がります。

よって今回のプレイオフ一戦目。3戦中2戦勝っていること、Luna選手とArt選手がいることを考慮してCrest Gamig Actが3-1で勝つと予想します。

結論 プレイオフを見るまで答えは分からない!



ブログランキングに参加してます

このブログを検索

Twitter

共有する

フォローする

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

QooQ