【頑張れDFM】Worlds2019出場チームまとめ Part2~Play inステージ編〜

2019年9月16日月曜日

LJL プレイガイド 観戦ガイド

t f B! P L

Worlds2019でプレイインから出場するチームまとめ


みなさんこんにちは!プレイイン最後の枠であるLJL代表もついに決まりいよいよWorlds2019に出場する全チームが揃いました!! 対戦組み合わせもまもなく発表されます。

そこで今回はWorlds2019で主にプレイインステージから出場するチームの情報についてまとめていきたいと位思います。我々LJL代表とも戦うチームも出てきますので、是非観戦のお供にお役立てください。



LJL代表 日本地域

Detnation Focus Me 

チーム紹介
昨年のWorldsほど、我々LJLファンが熱狂した出来事はなかったでしょう。何回挑戦しても一回戦敗退、国際戦では全敗が基本、世界最弱のチーム。しかし青き侍であるDFMはそんな我々の抱えるレッテルを見事に破壊してくれました。

格上であるブラジルを圧倒し、天井の存在であったCloud9をあと一歩まで追い詰め、ついには念願のプレイインステージの突破まで成し遂げました。

彼らの強さは皆さんが一番ご存知だと思うので、あえて説明はしません。

ですがDFMが昨年より強くなっていることは間違い無いです。

間違いなく今年のWorldsでも我々に夢の続きを見せてくれるでしょう!!

SEA代表 東南アジア代表

MEGA

チーム紹介
東南アジア地域の代表にはMSIに引き続き、MEGA Esportsが出場することとなりました。東南アジア地域について少し説明を入れると、その名の通り東南アジア諸国のチームによって結成されているリーグで、かつてはVCS(ベトナム地域)のチームもこのリーグに含まれていました。VCSが抜けたことによって、リーグ全体の価値が下がっているのは否めず、実際昨年のWorldsにSEA代表として出場していたAscension Gamingが解散するといったことも起きています。

今年のMSI2019ではDFMとも激突し、チームの連携差でDFMが快勝したことは我々の記憶にも新しいですが、油断は大敵です。MSI開催直前のチーム評価はLJLよりも高く、更に夏シーズンから韓国人助っ人枠として、LMS地域に所属していたADCのDeuL選手を獲得しているなど、チームの強化を図っているところが見られます。

ベテラン選手のG4を始めとして才能の光る素材をたくさん擁しているチームですので、間違いなく油断大敵なチームであると言えるでしょう。

TCL代表 トルコ地域

Royal Youth

チーム紹介
プレイインステージでも屈指の強豪と呼ばれるトルコ地域の代表は意外なチームとなりました。恐らく熱心な観戦者のみなさんでもRoyal Youthの出場は読めなかったでしょう。
大半の人たちはSUPか1907FBの出場を予想していたはずです。私もそうでした。

ダークホースであるRoyal Youthですが、チームメンバーも過去にまったく見たことない選手ばかりです。しかもチームメンバーのほとんどが春シーズンからチームに在籍している面々ばかりというかなり不気味な印象を覚えます。

何故ならチームおよび選手としても若いのに、TCLを今まで支えてきた強豪たちを倒すほどの実力を秘めているからなのです。

しかもトルコ地域はEU地域と地理的に近い関係上、所属選手たちもEUサーバーで名を挙げている選手ばかりです。更にマイナー地域で恐らく初めて韓国人プレイヤーの獲得を熱心に行ってきたチームであるため、GBMやWolfといったかつてLCKで活躍していた選手も獲得できるぐらいの高いマネージメント能力があります。

更に今年はLEC,LCS代表がブートキャンプをヨーロッパで行う情報も入っているため、地理的に近いチームも彼らとスクリムを組むのは確実と言えるでしょう。間違いなく当たりたくないチームの一つと言えるでしょう。

そんな彼らがWorldsではどんな活躍を見せてくれるかに今から目が話せません。

CIS代表 ロシア地域

Unicorns Of Love

チーム紹介
トルコに続く強豪と名高いCIS。KiraやLikkritといった日本人ファンたちにも馴染みのあるぐらい有名なスター選手を擁するリーグですが、今年の代表はとにかく変わっています。
私も一瞬ヨーロッパ地域って枠4つだっけ?と思ってしまいました。そう、元EU地域の名門Unicorns Of Loveです。

チームの裏事情は置いといて、メンバーについて見ていきましょう。なんと今シーズンからの加入で、ジャングラーにAHaHaCiK,MidにNomanzがいます。どこかで聞いた名前ですね。

聡明なみなさんは間違いなくお気づきだと思いますが、彼らは元々春シーズンはVega Suquadroにいました。MSIでDFMが全く歯が立たなかったVegaです。マクロ強者と名高いSteal選手に対して普段通りのプレイを全くさせなかったAHaHaCiK、強烈なハンドスキルでゲームをこじあげてきたNomanzです。その強さは説明不要だと思います。

Worldsでも数々のドラマを生み出してきたCIS地域。今年のWorldsでも何か一波乱を起こしてくれそうです。

CBLOL代表 ブラジル地域

Flamengo eSports

チーム紹介
ここ最近のCBLOLと言えば、去年の放送に笑いを提供してくれたKaBuM! esportsだったり、MSIでもDFMがボコボコにしたINTZだったりと何だか弱っちいイメージが皆さんの 中にも強いのではないでしょうか?

しかし油断してはいけません。ブラジル地域はついに最強のチームを送り込んできました。Flamengo eSportsです。ブラジルのスーパースターとして有名なbrTTの他にかつてDFMで活躍していたShrimp選手を擁しています。(他にもチーム内に日系人の西村さんと宮口さんがいる。)

そしてFlamengoに対するブラジルファンの評価は正に過去のDFMと一緒で、国際戦の活躍は間違い無いのに、決勝で負けてしまうです。

そんな眠れる巨人がついに目を覚まして、Worldsに出場します。彼らを倒せるかどうかが、LJL地域が本当に強くなったかどうかのターニングポイントとなるでしょう。

昨年の因縁だったり、日系人、元LJL所属など観戦ネタには欠かないチームなので、LJLと当たって欲しいチームの一つですね。

LLA代表 ラテンアメリカ地域

Isurus Gaming

チーム紹介
ラテンアメリカ代表として今年はIsurus Gamingが出場します。聖闘士星矢の主人公が名前の由来になっているSeiya選手やBuggax選手、Warangelus選手などが所属しています。国際戦でも常連になっている面々が揃っています。

ラテンアメリカと言えば、シーズンごとの国際戦での成績に非常にムラのある地域の印象が強いです。ある時はノックアウトステージまで駒を進めるぐらい活躍したりしますが、逆に全く勝てない時もあります。

しかし昨シーズンのWorldsではプレイインで唯一強豪であるEDGを破るなどのポテンシャルを秘めた地域です。

プレイイン出場チームの中では比較的弱小地域とは言えますが、油断大敵です。

OPL代表 オーストラリア地域 

MAMMOTH

チーム紹介
OPL代表はMAMMOTHです。例年だとWorldsにはDire Wolvesが出ている出場しているイメージが強いですが、今年は全くの新しいチームが出場しました。OPLと言ったら、強いけど態度が悪すぎてクビになったShernfireや昨年Burning Coreに所属していたWilder選手が活躍しているなど、なにかと我々にも親しみ深い地域です。

ですが、MAMMOTHについては全く聞き馴染みのないチームのような印象を受けます。ただ一点を除けばです。実はこのチーム過去にUSGで活躍していたRemind選手が所属していたチームでもあります。

韓国人選手はジャングラーだけだったりと、他の地域に比べると警戒度は薄いチームです。抽選では間違いなく当たりたいチームの一つですね。(LJLとプールが同じなので絶対に当たることはないですww)

まとめ

今年の一筋縄では行かせてくれなさそうなチームが集まりました。プレイインでは彼らの他にも主要地域からも出場してくるので、簡単に勝つことはまず不可能でしょう。
組み合わせ抽選は近日中に行われますが、とにかくいい組み合わせを願いたいですね。

オススメ記事
【随時更新】WCS2019への出場が確定しているチームまとめ【NA,EU,KR,CN,TW,VN】

【効率よくタワーを折ろう!!】スプリットプッシャーとチームが頭に入れておくべき5つの基礎知識

















ブログランキングに参加してます

このブログを検索

Twitter

共有する

フォローする

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

QooQ