【Worlds2019出場チーム紹介】第七弾 DAMWON Gaming 編【観戦ガイド】

2019年10月2日水曜日

海外の話題 観戦ガイド

t f B! P L

【Worlds2019出場チーム紹介】第七弾 DAMWON Gaming 編【観戦ガイド】

みなさんこんにちは。待ちに待ったWorldsが今日から開催されますが、いかがお過ごしでしょうか? 
今回はプレイイン最強と名高い韓国代表であるDAMWON Gamingのチームメンバーについて紹介していきます。 是非当日の観戦のお供にお役立てください。




DAMWON Gamingというチーム

Worlds2018のLCKの低迷(主にGen.Gのせい)&LPLの躍進によって、プレイインに参加する必要がないことは誰でもわかるレベルで強いのにプレイインステージから参加することになってしまったチーム。プレイインステージに参加するチームの中で最も強いのは明白であり、おそらくグループステージから参加するLMS代表J Teamなどよりも実力は上であると思われる。

チームとして今年からLCKに参加しているCK(2部リーグ)上がりのチームである。しかし、彼らを指導しているコーチがLongzhu Gaming、Invictus Gamingでの指導経験を持ち、かつ指導したチームをここ2〜3年必ず国際大会へと導くという驚異的な指導力を持つKimコーチであり、例に漏れずDAMWON Gamingも彼の指導力によって、LCKの常勝軍団の仲間入りを果たし、Worlds2019への出場権を獲得した。

所属している選手も粒ぞろいであり、Nuguri,Canyon,ShowMakerと同じ韓国代表であるSKTやGriffinの選手たちと遜色ない実力を備えていることは間違いない。

彼らにとってプレイインステージはスクリム程度のものであり、グループステージでもその実力を発揮することは間違いないだろう。

チームの特徴

LCKのチームらしく、コンスタントに有利を作り、適切なマクロで試合の有利を維持し、ゲームの序盤中盤終盤どこでも負けずに勝つことができるチーム。

LOLの本場韓国らしく、特定のチャンピオンにこだわったりすることもなく、幅広くメタチャンピオンをピックしており、またサイドごとの勝率の差が全くないことからもドラフトで攻めることはほぼ不可能に近い。(なんでプレイインにいるんだろう。)

チームのダメージシェア率はTOPレーナーのNuguri選手が一番高く、MidとADCであるShowMaker選手とNuclear選手が同じくらいという数値はある意味LCKというTOPレーナー大国を象徴しているかのように思えてくる。

選手紹介

TOP:Nuguri

プレイスタイル:キャリー
最多使用チャンピオン:ジェイス、カミール、ブラッドミア(左から降順)

プレイインにいてはいけない人その1

LCKという毎年化け物TOPレーナーがホイホイでてくる(2017年はKhan、2018年はSwordが有名になった)魔境に颯爽と現れた今年の化け物枠。DFMのEvi選手も一目を置いておいている2017年からプロ活動を始めたルーキープレイヤーである。

レーン戦から果敢に攻め立てるタイプであり、それを象徴するかのように今シーズンのソロキル回数は驚異の19。(Khanの今シーズンのソロキル数は11) TOPレーナーらしくミクロが非常に高く、ブラッドミアのような序盤が弱いチャンピオンでもジェイスに対してソロキルを成し遂げてしまうぐらいのタイマン性能を誇る。

チーム全体の合計ダメージ量はShowmakerとNuclearを上回る30%という驚異的なダメージシェアを誇り、彼の影響力が薄くなる時間はほぼないと思われる。

今シーズンはジェイス、カミール、ブラッドミアを多く使用しており正に典型的なKRTOPレーナーと言えるだろう。個人的にはイレリアが非常に上手なプレイヤーであるので、Worldsでも見られることを期待したい。



JG:Canyon

プレイスタイル:キャリー
最多使用チャンピオン:リーシン、サイラス、セジュアニ

プレイインにいてはいけない人その2

Tarzan、Clid、Peanutなどの偉大なジャングラーたちにも引けを取らないぐらい優秀なルーキージャングラー。(18歳という非常に若い選手だが、今のPeanut選手よりは強い)

基本的にジャングラーはキャリータイプ(JankosやLevi)、コントロールタイプ(Steal)、バランスタイプ(Clid)の三種類に別れるのだが、Canyon選手はキャリータイプのジャングラーである。使用チャンピオンもそれに準じるようにリーシン、サイラス、セジュアニなどを積極的にピックしている。

そして特に面白いのが彼がLCKで一番カーサスJGを使用しており、一番高い勝率を維持しているところだろう。プロでも非常に評価が分かれ使いにくいとされるカーサスJGで高い勝率をあげているのはとても興味深く、彼独自の武器と言える。

弱点をあげるなら、彼の視界スコアが低めなこと、試合開始15分時点でのCS差が高くないことである。プレイイン程度なら問題ないと思うが、グループステージにおいてこの点がネックになることは間違いなく、これをどう修復するかが彼の課題と言える。

MID:ShowMaker

プレイスタイル:キャリー
最多使用チャンピオン:アカリ、コーキ、ルブラン

プレイインにいてはいけない人その3

DWGのチームメンバーを紹介する上で使いまくってしまう"今年から活躍するようになったルーキープレイヤー”という構文で簡単に説明できてしまう優秀なMidレーナー。そして例に漏れず19歳と若い。(LJLにも少しぐらいその若さを分けてくれ)

ただ、彼自身非常に優秀なmidレーナーであることは間違い無いのだが、Faker、Chovyといった花形midレーナーが目立ちすぎるせいで影が少し薄いように感じる。

今シーズンはアカリ、コーキ、ルブランを積極的にピックしており、特筆すべきはアカリの勝率が55%であるのに対して平均KDAが12という高さを維持していることだろう。

また、カミールというmidでは珍しいピックを多くしており、ペンタキルを達成していることから得意チャンプではないかと思われる。

DWGのチームとしての懸念点は若さゆえの経験不足がよくあげられており、BO5などの長期戦で一度崩れてしまうと、それを引きずって残りの試合も将棋倒しのように負けてしまっている傾向が強い。プレイオフではShowMaker選手がそれが顕著に現れており、Fakerのようなビッグプレイヤーと長時間戦うことに慣れてない印象を受ける。

キャリア全体で見れば問題ないが、今回のWCSのようなキャリーのMIDレーナーたちばかり集まる試合では少し厳しい戦いになるだろう。

逆に、WCS中にそれを克服できたなら彼がもっと素晴らしいプレイヤーに化けるのは間違いない。今後の活躍に期待。

ADC:Nuclear

プレイスタイル:キャリー
最多使用チャンピオン:カイ=サ、エズリアル、ザヤ

プレイインにいてはいけない人その4

若者とルーキーばかりのDAMWONでは非常に珍しいDAWMON以外でのプロキャリアを持つ選手。プロキャリアも2015年からとかなり遅めで、韓国の2部リーグとEUの名門H2Kを渡り歩いた後、DAMWON Gamingにスカウトされ、同時に花開いたようだ。

DWGのキャリーラインでは珍しく、15分時点でCS差をつける確率が36.4%と序盤でそこまで力を発揮しない選手。ファーストブラッド率もそれに応じるかのように低い。

これはおそらくDWGのTOPとMIDの序盤の強さが際立ったものであるため、ジャングラーであるCanyon選手も彼らをスノーボールさせるように動くからかと思われる。

しかしチーム全体のダメージ量の25%を賄い、かつファーストブラッドをされる確率が6.7%と低めの数値であることから、レーン戦できちんと耐えてファームし、後半の集団戦ではきちんと火力を出せるプレイヤーであることがわかる。

Nuclear選手は過去にプレイしていたEU地域でFnaticのRekkles選手にRegional Finals(第3シード争い)で負けてしまい、Worldsへの出場を逃した苦い経験を持っているので、Worlds2019では、是非Rekkles選手にリベンジマッチを挑みたい模様。



SUP:BeryL

プレイスタイル:ピール
最多使用チャンピオン:アリスター、タムケンチ、ラカン

最後のプレイインにいてはいけない人

ルーキーばかりのDWGでNuclear選手と同様に年齢が高いプレイヤーであり、かつ現DWGの前身チームであるMraGe Gamingの頃から在籍しているチーム最古参の選手。

ちなみに誕生日が4月1日とエイプリルフール生まれである。

今シーズンのSupportはタムケンチ、ラカン、ノーチラス、ブラウムといったチャンピオンを多くピックする傾向にあるのだが、その中でも彼はアリスターをLCKで最も多くピックしており、75%と高い勝率を誇っている。

他にもセジュアニやレオナといったユニークなチャンピオンもピックしていることから非常にクリエイティブな選手と言える。

そして面白いのが、フック系のチャンピオンを全くピックしていないところだろう。単にフック系のチャンピオンが苦手なのか、序盤であまり力を発揮しないNuclear選手との相性が悪いのかは不明だが、今シーズンでパイクやノーチラスをピックした試合のスタッツはかなり悪め。

Worldsではブリッツクランクが間違いなくメタに上がってくるので、彼がピックするかどうかは興味深いところである。



まとめ

DWGの注目プレイヤーはNuguri!!

おすすめ記事
【LJL英語放送からの参戦!!】キャスターJoushiによるWorlds2019を見る前にDFMについて知っておくべきこと【翻訳記事】

【Worlds2019出場チーム紹介】第一弾 Flamengo eSports【観戦ガイド】





ブログランキングに参加してます

このブログを検索

Twitter

共有する

フォローする

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

QooQ