Ambitionの考えるNA版 G2 Esportsに 最も近いチームは 2016年のTeam Solo Mid【翻訳記事】

2019年11月15日金曜日

海外の話題

t f B! P L

Ambitionの考えるNA版 G2 Esportsに 最も近いチームは 2016年のTeam Solo Mid【翻訳記事】

NAファン 叶わない夢にショックを受ける

Ambition※1は先日の配信でG2というドリームチームがどのようにして作られたか、何故彼らはEU最高の人材なのだろうかというテーマで配信を行なっていて、その配信中にNAでも最高の人材ばかり集めればG2みたいなチームを作れるんじゃないか、というテーマにも触れていた。

クリップリンク ※韓国語




そして彼はアイデアを巡らせた結果、NAでもG2のようなチームは作れるに違いないという結論に至り、NA版G2 eSportsを作り出すために必要なメンバーは誰かということを考え始めたんだ。しかし彼はそこであることに気づいてしまった。

彼の作ったNA版G2 eSportsにはDoubleliftとBjersenの2名が必要不可欠ということだった。つまり何が言いたいのかというと2016年の時のTeam Solo Midのロースターが最もAmbitionの考えるNA版 G2 eSportsに近かったということだ。

そして彼は最後に”別のドラフトを考えないとな”と結論づけて配信を終了した。

※1 Ambition
元Samsung Galaxy(現Gen.G)所属だった韓国人ジャングラー。世界大会の優勝経験もあるぐらい有名で強かった選手。現在は主にストリーマーとして活躍している。

そしてこれは俺個人の意見なんだけど、NAの最高峰は2016年ですでに出来上がっていて、それが復活することが2度と叶わないという事実をすごく悲しく感じるよ。

俺自身もNAの歴史上、最も強かったチームはWorldsがNAで開催された2016年とTeam Solo Midだと思っている。

あの時はDoubleliftとBjergsenという説明なしに最強と言える選手がいたのはもちろんのこと、当時のSvenskerenは最強とは言えなくても、NAで3本の指に入るぐらいの強力なジャングラーだった。

他にもSupportのBiofrostはNAで最高クラスのルーキージャングラーだったし、Hauntzerはその年のMVPを取っていたと思うんだよね。いまだに彼のナーはCuveeぐらい上手かったと俺は信じているよ。

まあとにかく現時点のNAで最強のチームを作ることは難しいこと、およびBjergsenとDoubleliftが一緒のチームに居ることができないという事実がとても悲しいよ・・・・。



以下海外の反応


※2 2016年のTeam Solo Mid
ロースター
TOP:Hauntzer
JG : Svenskeren
MID : Bjergsen
ADC : Doublelift
SUP : Biofrost

BjergsenとDoubleliftが一緒にいた頃のTSM。同時に国際戦にTSMが出た最後の年でもあった。因みに現時点でTSMに残っているのはBjergsenだけ。噂ではBiofrostが来シーズンに帰ってくるとかなんとか。

TSMファン
俺も2016年のTSMは最高傑作だと思っている。

何故なら次の年からSvenskerenはC9に移籍するまでかなりパフォーマンスが落ちたし、Doubleliftも半年ぐらいスランプに陥った。

他にもBiofrostはコミュニケーションに問題を抱え始め、さらにパフォーマンスの向上が見られなくなった。よってこの3人はTSMをクビになった。

個人的には今でもDoubleliftをクビにした判断は失敗だったと思っている。

そしてTSMはずっと意味のない選手交換を繰り返していたことと、ジャングラーの重要性を無視していた。彼らは5人の最高の選手を揃えるということの価値にいまだに気づいておらず、代わりに最高の選手になる選手を探すというギャンブルに興じている。そのギャンブルによって開花した選手は一人もいないという事実にも関わらずだ。

TSMの選手獲得担当の人間は自分が無駄なことをしてきたと認めるべきだよ。

CLGファン
俺もCLGファンとしてCLGがDoubleliftをTSMに渡す契約を結んだことは失敗でしかなかったと思い続けている。そしてそのTSMがDoubleliftを放出したのと同様だ。

両方とも勿体なさすぎる・・・。


FlyQuestファン
正直2016年のTSMは過剰評価だと思っている。

何故なら2018年のCloud9はあのLCK相手に準決勝で3-0を成し遂げたし、今年のTeam Liquidは世界王者に対して3-1で勝利した。

はっきり言ってTSMをそこまで評価する理由がわからない。

Dignitasファン
まあ何であれあの頃のTSMは間違いなく一番人気なチームだったよ。そしておそらく未来永劫彼らを超えるぐらい人気なチームは出てこないよ。

チームメンバー全員がスーパースターでキャリーだったし、NA出身および輸入枠とのバランスも完璧だった。後先輩のDoubleliftに付き従うルーキーのBiofrostという構図もよかったしね。

当時は誰もがTSMの伝説に興奮し、彼らをまるで親友かのように見ていた。あれほどNAのファンをHype(大興奮)させたチームは見たことないよ。

まとめ

当時はNA=TSMだった思い出。何とかして当時のTSMが復活しないだろうか・・・。


オススメ記事

【G2 ver 2020 !?】Capsは来シーズンADCに転校するかもしれない【翻訳記事】

【EU黄金期の到来は予言されていた】元UoLのマネージャーによる有難いスピーチ【翻訳記事】

翻訳元














QooQ