【データで振り返る】Worlds2019に関する様々な数値まとめ【翻訳記事】

2019年11月19日火曜日

海外の話題 観戦ガイド

t f B! P L

【データで振り返る】Worlds2019に関する様々な数値まとめ【翻訳記事】

数字に強いサモナー

やぁみんな。俺は最近エンジニアからデータアナリストでキャリアを変更しようとしている者だけどデータアナリストとしての練習を兼ねて、Worlds2019の様々なデータをまとめてみたんだ。

とても面白いデータになったから是非みんなにも見て欲しいと思ってこのスレッドを立てさせてもらったよ。楽しんでね!!





DFMが今年獲得した世界No.1一覧


Evi選手はKPM(1分あたりのキル率)0.00を達成した唯一の選手(SPY戦)

ヘラルドの平均獲得時間が一番遅いチーム(15分)

チームの平均合計ダメージ量が最も高いチーム(79021ダメージ)

世界で2番目に平均ダメージ量が高い選手はCeros選手(23296.75)

世界でも最も平均ゴールド取得量が高い選手はYutapon選手(17411G)

試合あたりの平均ワード設置数が最も多いチーム(161.5個)


合計試合数

Worlds2019では合計119試合行われた。

BAN

最もBANされたチャンピオンはパンテオンで118回。これをBAN率で換算すると驚異の99.16%で、次に高いのが86回BANされたキヤナ。

Pick

最もピックされたのはカイ=サ(71回)、ピック率に直すと60%で、次に多くピックされたのが57回のリーシン。

TOPで最も使われたチャンピオンはガングプランク(38)、次がレネクトン(28)

ジャングルで最も使われたのがリーシン(57)、次がグラガス(40)

MIDはライズ(29)、次がアカリ(24)

ADCで最も使われたのはカイ=サ、次がザヤ(56回)

サポートで最も使われたのはノーチラス(48)、次がラカン(42)



試合時間

最も長い試合時間だったのがDetnation Focus Me VS Isurus Gamingの試合で63分25秒

最も短い試合時間だったのがLowkey Esports vs Damwon Gamingの試合で22分43秒

全試合の平均時間は33分18秒

レッドサイドorブルーサイド

ブルーサイド側は119試合中62試合勝利しており、換算すると52%

キル/デス/アシスト

最もキルが多かった試合はFPX vs IGで合計34キル

最もキルが少なかった試合はMammoth vs UoLで合計1キル

最もデス数が多かった試合はFPX vs IGで合計34デス

最もデス数が少なかった試合はGRF vs C9で合計1デス

合計ダブルキルは313回

合計トリプルキルは59回

合計クアドラキルは7回

ペンタキルは1回だけ

ダブルキルを最も獲得したのがLwx(21)

トリプルキルを最も獲得したのがJackeyLove(6)

クアドラキルを最も獲得したのがCody Sun(2)

ペンタキルを獲得したのはViperだけ

キル数が一番多かったのがLwx(110)

一番デスしたのはHumanoid(70)

一番アシスト数が多かったのはCrisp(213)

一番キル数が少なかったのはApex(1)

一番デスしなかったのがDeftly(0)

一番アシスト数が少なかったのがHieu3(0)

ファーストブラッドを最も多く取ったのがGimGoon(5)

ファーストブラッドアシスト数が一番多かったのはDoinb(7)

ファーストブラッドを一番されたのがVizicsacsi(6)

ファーストブラッドが一番早く起こった試合はCG vs FNC。試合時間70秒の時でBwipoがVulcanをキルした。

最もファーストブラッドが遅かった試合はCG vs Mammothで15分36秒。LiraがFudgeをキルした。

分間キル(KPA)が最も高かった試合はG2 vs C9。G2は1分あたり1キルを取っていた。()KPA=1.06)

最もKPAが低かった試合がMammoth vs UOL戦で、MammothのKPMは0.04だった。

全試合のチーム全体の平均KPMは0.40

最もKPMが高かったプレイヤーはLwxで0.45(一つの試合で)

最もPMが低かったプレイヤーはDFMのEviで0.0(一つの試合で)

全試合の選手ごとの平均KPMは0.08

最も平均KPMが高かったチームはFPXで0.61

最も平均KPMが低かったチームはAHQで0.22

最も平均KPMが高かったプレイヤーはLwx

最も平均KPMが低かったプレイヤーはYsera

最もKDAの高いTOPはShowMakerで10.00 次点でGimGoonの4.43
※ShowMakerはFlamingo戦だけTOPとしてプレイしていた。

最もKDAの高いジャングラーはBroxahで5.41

最もKDAの高いMIDはShowMakerで7.50

最もKDAの高いADCはDeftlyで無限
※0デスで終えるとKDAは測れなくなる

最もKDAの高いサポートはLehendsで8.44

最もKDAの低いTOPはCyeolで0.50

最もKDAの低いジャングラーはBlaberで1.71

最もKDAの低いMIDはArmutで0.33

最もKDAの低いADCはSneakyで1.84

最もKDAの低いサポートはHieu3で1.00

最もキルを取ったチームはFPXで335キル 次点でSplyceの259キル

最もデスが多かったチームはSplyceで265デス 次点でG2の259デス

勝率

最も勝率の高いチャンピオンはフィドルスティック、ジャックス、コグ=マウ、マルファイト、パンテオン、アーゴット、ヴェイン、ヨリックで100%

最も勝利数の多かったチャンピオンはカイ=サ(37)、次点でザヤ(35)



チャンピオン

最もフレックス性の高かったチャンピオンはエズリアル(ADC,MID,TOP)、イレリア(ADC,MID、TOP)、カルマ(SUP,MID,TOP)、ケイル(ADC,MID,TOP)、ルシアン(ADC,MID,TOP)、ポッピー(SUP,MID,TOP)、パイク(SUP,MID,TOP)、キヤナ(MID,TOP,JG)、トリスターナ(ADC,MID,TOP)、ブラッドミア(ADC,MID,TOP)、ヤスオ(ADC,MID,TOP)

ドラゴン

530体のドラゴンが狩られた

最もドラゴンを獲得したのがDWG(57)、次点でFPX(52)

最もドラゴンを獲得しなかったのがFlamingoとAHQ(6)

最もエレメンタルドラゴンを獲得したのがDWG(57)、次点でFPX(52)

最も狩られたドラゴン数が多かった試合はDFM vs ISGで、8体のドラゴンが狩られた

インファーナルドレイクは合計125体狩られた

最もインファーナルドレイクを獲得したチームはFPXで13体

オーシャンドライクは合計129体狩られた

最もオーシャンドレイクを獲得したチームはDWGとFPXで13体

マウンテンドレイクは合計133体狩られた

最もマウンテンドレイクを獲得したチームはDWGで19体

クラウドドレイクは合計144体狩られた

最もクラウドドレイクを買ったチームはFPXで14体

エルダードラゴンは合計29体狩られた

最もエルダードラゴンは獲得したチームはFNCで13体

ヘラルド

ヘラルドを最も獲得したチームはDWGとFPXで13体

ヘラルドの獲得するが一番低かったのはTL

ヘラルドの平均獲得時間が最も早かったのはPoyal Youthで平均11分19秒

ヘラルドの平均獲得時間が最も遅いチームはDFMで平均15分

ヘラルドの獲得時間が最も早かったのはHKA vs GRFで10分39秒



タレット

ファーストタレットを最も破壊したチームはFPX(13)、次点でSKT(12)

ファーストタレットを破壊したチームの勝率は70%

最もファーストタレットの破壊時間が遅かった試合はSKT vs RNGで21分

最もファーストタレットの破壊が早かった試合はFPX vs G2で8分

ファーストタレットの平均破壊時間は14分

最もMIDでファーストタレットを破壊したチームはSplyceで13回、次点でFPXが11回

MIDでファーストタレットを破壊したチームの勝率は76%

各レーンの外側のタレット全てを最も破壊したチームはDWGとSPY(13)、次点でFPX(11)

各レーンの外側のタレット全てを破壊したチームの勝率は81%

最もタレットを破壊したチームはDWGで143本、次点でFPXの140本

最もタレットを破壊しなかったのがAHQ(13)

バロンナッシャー

最初のバロンを最も獲得したチームはDWGで13回、次点でFPXとSPYの12回

バロンが狩られなかった試合は4試合だけ

最初のバロンを獲得したチームの85%は試合に勝利している

最初のバロンが狩られるのが最も遅かった試合はC9 vs HKAで37分36秒

最初のバロンを狩るのが最も早かった試合はG2 vs FPXで20分26秒

最もバロンを多く獲得したチームはSPY(19)、次点でFPX(18)



ダメージ

チームの通算ダメージ量が最も多いのがSplyceで1226722ダメージ。次点でFPXの1098078ダメージ

単独の試合でのダメージ量が多かったのがDFM戦のISGで、176971ダメージ

試合ごとの平均ダメージ量が最も高かったチームはDFMの79021ダメージ。次点でISGの72031.75ダメージ

1試合あたりの合計ダメージ量が最も多かった試合はDFM vs ISGで312814ダメージ

合計ダメージ量が最も多かった選手はHumanoidで336503ダメージ。次点でKobbeの308664ダメージ

プレイインステージをプレイしていないプレイヤーの中で最もダメージ量が戦ったプレイヤーはDoinbで、282318ダメージ


最も平均ダメージ量が高かったプレイヤーはSneakyで26142ダメージ。次点でCerosの23296ダメージ

最もダメージ量が高かった試合はHKA vs C9で、Sneakyがハイマーディンガーを使って66398ダメージを叩き出した。

分間あたりの平均ダメージ(DPM)が最も高かったチームはIGの2015DPM。次点でGriffinの2005DPM

最もDPMが高かったプレイヤーはSneakyの614DPM。次点でTheShyの590DPM

最も平均ダメージシェア率が高かったプレイヤーはUziで37.2%。次点でBuggaxの32%

視界

ワード置いた量が最も高かったのがSPYの2494で、次点はG2の2372

ゲームあたりの平均ワード設置数が最も高かったチームはDFMの161。次点でRNGの151

最もワードを置いたプレイヤーはNorskerenで1038。次点でMikyxの1010

平均ワード設置数が最もが高かったプレイヤーはSlowで69。次点でMingの66.5

最も分間あたりのワード設置数が高かったチームはSKTで4.4。次点がRNGで4.35

最も分間あたりのワード設置数が高かったプレイヤーはMingで1.9。次点がKoalaの1.84

最もワード設置のシェア率が高かったプレイヤーはDestingyで49.15%。次点でBaolanの48.47%

最もワードを破壊したチームはSPYで1116個。次点でG2の1041個

最もワードを破壊したプレイヤーはJankosで329個。辞典はNorskerenで302個

最も分間あたりのワード発見率が高かったチームはRNGで1分あたり2個。次点はGriffinで1分あたり1.77個

最もワードを置いた数が多いチームはSPYで862個。次点はDWGで815個

最もワードを置いた数が多いプレイヤーはMikyxで345個。次点はBeryLの327個



ゴールド

最もゴールドを稼いだチームはSOYで1257971G。次点はDWGの1114693G

プレイインに参加していないチームで最もゴールドを稼いだチームは1088766GのFPX。次点は1065673GのG2

最もゴールドを稼いだプレイヤーはKobbeの318058G。次点は286079GのHumanoid

プレイインに参加してない選手で最もゴールドを稼いだプレイヤーはLWXで271084。次点はPerkzで269484

最も平均ゴールド量が高かったチームはDFMで68171G。次点でISGの67807G

最も平均ゴールド量が高かったプレイヤーはYutaponで17411G。次点でWarangelusの17312G

最も分間あたりの平均ゴールド量が高かったチームはFPXで1290G。次点がDWGで1274G

最も分間あたりの平均ゴールド量が高かったプレイヤーはUziで366.46。次点でLwxの351G

最も15分時点で築いたゴールド差が大きかったチームはFPXで1762G。次点でGRFの1189G

最も15分時点で築いたゴールド差が大きかった選手はBlaberで909G

ミニオン&CS

最もミニオンを倒したチームはSPYで18106体。次点でDWGの15660体

プレイインをプレイしていないチームで最もミニオンを倒したのはG2の15456体。次点でFPXの14258体

最もミニオンを倒したプレイヤーはKobbeで6147体。次点はHumanoidの5591体。

プレイインをプレイしていない選手で最もミニオンを倒したのはPerkzで5200体。次点はLwxで4925体

最もJGモンスターを狩ったプレイヤーはCanyonで2401体。次点はXerxeの2362体

プレイインをプレイしていない選手で最もJGモンスターを狩った選手はTianで2309体。次点はJankosで2209体

最も平均分間CSが高かったチームはGAMで33.96。次点でDWGの33.77

最も平均分間CSが高かったプレイヤーはUziで11.12。 次点はMnMの10.97

最も10分時点で築いた平均CS差が高かったチームはIGで11.92。次点はCGで14.61

最も10分時点で築いた平均CS差が高かった選手はRocckyで15.5。次点はZeyzalで13.66



経験値

最も10分時点で築いた平均経験値差が高かったチームはSKTで388EXP。次点はGRFで378EXP

最も10分時点で築いた平均経験値差が高かった選手はSrimpで454EXP。次点はRockkyで303EXP

視聴者数(中国は除く)

合計視聴時間は137876707時間

1試合あたりの平均視聴者数は1012559人

Twitchのピーク視聴者数は1734835人

最も視聴者数が多かった瞬間はSKT vs G2の3985787人。次点はG2 vs FPXの3700545人

賞金

最も賞金が多かったチームはFPXで834375ドル。次点はG2の300375ドル。

まとめ

以外とDFMが世界一になっている部分が多い&FPXはやっぱり数字から強いことが分かる

オススメ記事

Doinb「一部の真面目にプレイしない韓国人プレイヤーのことは好きじゃない」【翻訳記事】

GimGoonほど正当な評価を受けていない選手はいない【翻訳記事】

翻訳元:150 Stats from League of Legends Worlds 2019

QooQ