【期待の超新星】Fun Plus Phoenixのちょっとした小噺&小ネタまとめ【翻訳記事】

2019年11月8日金曜日

海外の話題

t f B! P L

【期待の超新星】Fun Plus Phoenixのちょっとした小噺&小ネタまとめ【翻訳記事】

Fun Plus Phoenix 小噺

やあみんな。今回はG2と決勝で対戦することとなるFun Plus Phoenixについてのちょっとした小話や小ネタをまとめていきたいと思うよ。是非決勝の観戦のお供にしてね!





チーム内の発言力

FPX内にはヒエラルキーが存在し発言力はTianが最も高く、2番目がDoinb。3番目がCrisp、4番目がGimGoon。そして発言力が一番低いのがADCのLWXとなっている。

このヒエラルキーは彼らの給料に準じており、FPXで最も高給取りな選手はTian。一番低いのがLWXである。

Tianについて

Tianは中国のLOLコミュニティ内で阴阳怪气兲”(edgy Turtle)と呼ばれており、あだ名の意味はたくさんのジョークを言う亀である。

Tianという名前は中国語で亀を意味する”王八 ”からきている。何故Tianが自分の名前をこうしたかについてはデビュー時にまで遡り、当時の彼のKR鯖でのサモナーネームがフシギダネを意味するsuantouwangbaだったからである。

またTianはビリビリ動画内で自分のチャンネルを持っており、Tianの様なジョークを多用する喋り方を習得する方法を解説した動画を投稿しているとかなんとか。

動画リンク

Doinbについて

DoinbはSuper Carry DoinBという異名の他に、舞王(King of Dancing)としても有名な選手である。これはG2のADCであるPerkzが彼の部屋がDoinbの隣だったとTwitterで呟いたのに対する返答としてDoinbが踊った動画を乗せたリプライが原因である。



Crispについて

Crispの本名は刘青松であり、チームメイトのGimgoonに送送送という中国語でFeed Feed Feed(フィードしまくり)という意味のあだ名をつけられたことがある。これはCrispの松という漢字の発音が送と似ているところから来ている。

他にもCrispは衡阳国王(King of HengYang)とも呼ばれており、これは彼の生まれ故郷が衡阳(こうよう)という都市ということから来ている。


GimGoonについて


GimGoonのあだ名は鬼叫王(King of Demon Shouting)である。これは彼が自身の配信上で定期的に大きな声で叫んだり文句を言ったりすることが由来になっている。


Lwxについて


LwxのKRアカウント名は339(Xiang Xiang 9)である。また彼は中国コミュニティ内で没什么特色的ADとも呼ばれている。ちなみに意味は個性のないADCという意味である。



你脖子没了というミーム


中国にはYour Neck is Now Gone(お前の首は今逝った)というミームが存在する。これはGimGoonが首を触りたがることと、一時期FPXのコーチが怪我のせいでネックプロテクターを着けていた時があり、それを見たファンがGimGoonがコーチを怪我させたのでないかという疑惑が出たことからできたミーム。

因みにGimgoonは無罪であることが証明されたもののいまだにこのミーム自体は残り続けている。

Crispについて Part2

Crispもまた、トラッシュトークが有名な人物として認知されており、ファンたちにCrispの日課が8時間睡眠で残りの16時間は全てトラッシュトークというネタを作られるほどのものである。

しかしチームメイト曰く彼はほとんどの場合物静かだが、トラッシュトークの実力がTianよりも上なことは確からしい。



GimgoonはRap God

Gimgoonは配信中にアツくなると話すスピードがとても上がり、同時にcnmやnmsl(意味:F◯ck your mon, your mom died)のような言葉を使い始めるらしい。

だが彼自身とても良い人物であり、チームメイトをよく労わり、ミスや敗北の責任を取ろうとしてくれるとか。 またWeibo上のファンとも積極的に交流しているらしい。

おまけ

Perkzは中国では啊P(Lil P)として知られており、骚话(トラッシュトーク)を良くするところから来ている。昨年PekzはRNGを3-2で撃破したことで中国ファン(主にRNGファン)たちから顰蹙を買っていた。

だが彼がADCに転向して以降、中国内での人気が上がってきている。何故なら定期的にUziと比較され、ファンの中には彼のことを尊敬の意味でPzi(強化版Uzi)と呼ぶ人たちもいるぐらいであるとか。



まとめ

今までの中国のチームとは若干毛色が違っていて、個人的には好きなチーム。

P.S. 
Reddit上のスレッドを翻訳しただけなので情報の真偽は不明です。LPL界隈に詳しい方は間違っている部分があったら指摘してほしいです。すぐに訂正します。

オススメ記事
【同世代のチャンピオンが分かる!?】ルーンテラの年表および各チャンピオンの年齢まとめ【翻訳記事】

SKTとG2の労働環境の差が今回の結果を生み出したのかもしれない【翻訳記事】

翻訳元


QooQ