次に実装されるダーキンのモチーフは”飢饉”である【翻訳記事】

2020年1月24日金曜日

ユニバース

t f B! P L

次に実装されるダーキンのモチーフは”飢饉”である【翻訳記事】

ダーキンには何かしらのモチーフが存在する

ルーンテラにはエイトロックス、ラースト、ヴァルスと3体のダーキンが存在しているが、彼らのモチーフになっているのは恐らく”ヨハネの黙示録の四騎士”だろう。

※ヨハネの目録の四騎士とは
ヨハネの黙示録』に記される四人の騎士。小羊(キリスト)が解く七つの封印の内、始めの四つの封印が解かれた時に現れるという。四騎士はそれぞれが、地上の四分の一の支配、そして剣と飢饉と死・獣により、地上の人間を○す権威を与えられているとされる。
△Wikipediaより引用




エイトロックス:戦争

エイトロックスは巨大な剣を携えており、戦闘狂な描写から彼に該当するのは第二の騎士だ。何故なら第二の騎士はヨハネの黙示録において、大きな剣を持っており、地上の人間に戦争を起こさせる役割を担っているとされるからだ。


ラースト:死

ラーストは死神のイメージを想起させる巨大な鎌を携えている。また彼の宿主であるケインが彼に打ち勝った時の二つなは影の暗殺者だ。

このことからラーストが司っているのは死そのものであり、モチーフとなったのは第四の騎士だろう。

ヨハネの黙示録において、第四の騎士は青ざめた馬に乗った「死」そのもので、地上の人間を死に至らしめる役割を担っているとされている。

※影の暗殺者状態のケインの色は青であり、彼の肌は青白くなっている。=青ざめた馬?


ヴァルス:疫病

ヴァルスは実装が古いため、彼のセリフからダーキンであることは推測しにくい。しかし彼のスキルキットは敵にスタックを付与して、追加ダメージを与えるというコンセプトの元作成されており、またそのスタック名はなんと”疫病”そのものである。

さらに彼のUltである”穢れの連鎖”の連鎖は敵にCCが拡散する効果を持っており、このことからもヴァルスが疫病をモチーフにされているのは明らかだろう。

そんな彼だが、ヨハネの四騎士の中で該当するのは第一の騎士と第四の騎士と思われる。ヨハネの黙示録において、第一の騎士は弓を携えており、第四の騎士は人を死へ誘うときに疫病を用いるとされているからだ。

ある意味人間とダーキンの混合物というヴァルスのイメージを象徴しているとも言える?

次のダーキン:飢饉?

そして本題にもどるが、残った四騎士の内の最後の1人は”飢饉”を担っているとされている。つまり次に実装されるダーキンのモチーフおよびスキルセットは”飢饉”をモチーフに作られるのでないだろうか?

第三の騎士:飢饉を司る

食料を制限するための天秤を持っており、地上に飢饉をもたらす役割を担うされる

つまり武器が天秤で、スキルセットが飢饉=ライフスティール or マナスティール?



以下海外の反応

シンジド使い
サポートダーキンとして実装されて、CSからゴールドを得ることができないとかはどうだろう?

エイトロックス使い
いいアイデアだね。でもRiotはダーキンが5体存在するって言っていたような・・・?

ソラカ使い
つまりソラカをダーキンにリワークするってことだな!!

まとめ

チームダーキンが可能な日も近い


翻訳元:If Riot releases another Darkin champion, it will likely represent Famine.

オススメ記事

【ユニバース】スウェインの力の源はフィドルスティック!?【翻訳記事】

【仮説】新しく実装される仮面のチャンピオンはヨネ?【翻訳記事】


ブログランキングに参加してます

このブログを検索

Twitter

共有する

フォローする

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

QooQ