サモナーズリフトには旧エイトロックスのイースターエッグが隠されている?【翻訳記事】

2020年1月3日金曜日

海外の話題

t f B! P L

サモナーズリフトには旧エイトロックスのイースターエッグが隠されている?【翻訳記事】




スレ主

だれかこれがあるのを以前から知っていた人いる? 俺は数分前に初めて気づいたんだけど・・・・。




旧エイトロックス使い
旧エイトロックスの設定は確か、混乱した戦場に現れ血みどろの戦場の混沌を楽しむために、負けている側の陣営の味方になるというものだった。つまりこのイースターエッグはかつての彼(旧エイトロックス)がサモナーズリフトにその楽しさを見出していた、ということを表しているんじゃないかなぁ・・・。

Hashinshinファン
これは・・・・Hashinshinだな!!

※Hashinshin
NAのストリーマー。旧エイトロックスを心底楽しんでいたサモナーの一人であり、彼がリメイクされると知った時はひたすら文句を言っていた。なお現在のエイトロックスも使いこなしている模様。

旧エイトロックス信者
これってエイトロックスを巻き戻しますよっていうRiotからの予告だろ。
ジョークじゃないよ。割と本気だよ。あとこのイースターエッグ自体はナイスだね!



おまけ 旧エイトロックスとは

今のようなCCとサステインの暴力のようなチャンピオンというよりは、トリンダメアに少しばかりのCCを加えたようなチャンピオン設計だった。

彼の実装時のコンセプトは今と同じく、戦の神というコンセプトであり、それに対応する様にAAを入れれれば入れるほどどんどん回復していくというスキル設計がなされていた。しかしながらAAを入れないと回復しないという設計上、当然のごとくAAが入れられない場所では何もできない戦の神(笑)となってしまうのであった。

当時のLOL界隈での彼の扱いは、AA太郎、オワトロックスと、Redditや5ちゃんねるなどのLOLスレッドでエイトロックスが強すぎる!! クソ調整!!というスレッドが乱立している現在とは異なり逆に、弱すぎる!!、どうやったらこいつを強くできるんだ!!という哀れみのスレッドばかり立っており、可哀想なチャンピオンの代表格として扱われていた。

因みに当時の彼の名誉のために言っておくが、決して彼自体がオワコンというわけではなく、AAしかできない彼だからこそ好んで使っていたサモナーも存在し、中にはHashinshin(NAの有名ストリーマー)やDontRemakeAatrox(KRチャレンジャー)などといったエイトロックスによって有名になったサモナーもいたのである。

個人的な意見ではあるが、ゲーム内のスキル設計はともかく、現在のエイトロックスのバイオと言動は間違いなくナーフである。というのも現在のエイトロックスは汚染された神かつ前代の黄昏の神髄に封印されたことに腹を立て、復讐の機会を伺っているという若干チープなものであるのに対して、旧エイトロックスは混沌とした戦場に神出鬼没に出現し、戦場を混沌と血の雨に変えるという正に戦の神というカッコいいバイオであったのだ。

他にも現在の彼のセリフは、「俺は貴様の敵ではない、俺は万物の敵なのだ!」、「来い!ヌァーッ!貴様の運命を見せてやる!」というどこかチープなセリフと声優さんの声も相まってチンピラじみた印象が強いが、過去の彼は落ち着いた声優の演技+「撤退などない」、「名を残したくば、戦え・・・・!」、「争いのタネを撒くのだ」とどこか高貴かつ残虐な戦神というとても彼のイメージにあったものだった。

老害が入っているのは百も承知ではあるが、叶うことなら旧エイトロックスも再実装してほしいところである。

まとめ

確かに旧エイトロックスである。頼むから帰ってきてくれ!!


オススメ記事


QooQ