【SB vs T1】どうなる今年のLCK!? ベテランとルーキーが躍動するSB、T1に大差で勝利!!

2020年1月5日日曜日

プロシーン速報

t f B! P L

【SB vs T1】どうなる今年のLCK!? ベテランとルーキーが躍動するSB、T1に大差で勝利!!


対戦概要:KeSPA Cup 2019 準決勝

・試合結果:3-1でSANDBOX Gamingが試合に勝利した。

・SANDBOX Gamingが準決勝に駒を進め、相手はAfreeca Freecsとなる。





解説

昨年の力関係はT1>>>>SBだった両者の試合が先日行われた。この試合ではT1側はサポートとしてKuri選手、SB側はFATE選手を試合に起用するなど、順位に関係しないKeSPA Cupならではの光景が見られた。

そんな中開幕した試合だが、昨年の力関係をひっくり返すがごとく、SANDBOXがT1を圧倒した試合模様であり、同時に今試合初出場であった2人のルーキーの活躍模様もFATE選手>>>>Kuri選手だった。

しかし決して両ルーキーの活躍度合いが試合の勝敗を決める大きな要因であったというわけではなく、むしろ彼らを支えるべきベテランたちの活躍が鍵を握った。具体的にはSB側はTOPレーナーのSummit選手で、T1側はFaker選手であった。

特に彼らの活躍は1試合目に如実に現れており、SB側のランブル、キヤナ、ノーチラス、ミス・フォーチュンという一つでもピースが噛み合わないと強さが大きく損なってしまう構成であるにも関わらず、Summit選手は確実にランブルのイコライザーを決めていた。

一方それを受け流すことで試合に勝利することを狙ったのがT1側であり、その大役を担っていたモルデカイザー操るFaker選手であったが、残念なことに今回の試合ではその役割を果たせていなかった印象が強い。(具体的には毎回の集団戦でイコライザーで陣形を分断されていた)

選手という名の歯車をまとめ上げ一つの機械となったSANDBOXと、それができなかったT1。今回の試合を要約するならば、正にそんな感じだろう。



注目ポイント

・両チームのルーキープレイヤー

T1側はCanna選手とKuri選手。SB側はFATE選手とLeo選手と、今シーズンは両陣営ともにルーキープレイヤーを多く獲得した両陣営であるが、現在のところそれが上手く作用しているのはSB側であることは間違いないだろう。

特にキャリーであるLeo選手とFATE選手の活躍は目覚ましい。今後とも注目である。

・T1の今シーズンは冬景色!?

T1というチームは不思議なチームであり、TOPレーナーが強力な年は必ずと言っていいほどいい成績を残す傾向が強い。これはLCKという世界屈指のTOPレーナーがひしめくリーグに身を置いているためであり、T1はその中でも特に影響を受けやすいチームであるというのが筆者の見解である。

まだ今シーズンは始まっていないのでなんとも言い難いが、このままCanna選手およびRoach選手が昨年のKhan選手並みの強さを発揮できないならば、今年T1がLCKで結果を出し、世界の強豪たちと戦うための切符を手にするのは厳しいだろう。

新しく就任したヘッドコーチである元DWGのキム監督の采配に注目だ。



各チームの構成およびスタッツ

1試合目のBAN/PICK

SB

BAN
・ルブラン
・イレリア
・レク=サイ
・ヤスオ
・レネクトン

PICK
・Summit:ランブル
・OnFleek:エリス
・FATE:キヤナ
・Leo:ミス・フォーチュン
・GorillA:ノーチラス

T1

BAN
・ルシアン
・アカリ
・リーシン
・オラフ
・ジャーヴァンⅣ

PICK
・Canna:エイトロックス
・Cuzz:グラガス
・Faker:モルデカイザー
・Teddy:ザヤ
・Kuri:ラカン

試合時間は37分で、勝者はSANDBOX Gamingになった。MVPとしてLeoが選出

2試合目のBAN/PICK

SB

BAN
・ルシアン
・アカリ
・レク=サイ
・イレリア
・カミール

PICK
・Summit:エイトロックス
・OnFleek:エリス
・FATE:キヤナ
・Leo:ヴァルス
・GorillA:タムケンチ

T1

BAN
・シンドラ
・ルブラン
・ランブル
・ブラウム
・レオナ

PICK
・Canna:ジェイス
・Cuzz:ジャーヴァンⅣ
・Faker:オリアナ
・Teddy:ミス・フォーチュン
・Effort:ノーチラス

試合時間は37分で、SB側の勝利。MVPはOnFleekとなった。

3試合目のBAN/PICK

SB

BAN
・ルシアン
・アカリ
・エリス
・イレリア
・オリアナ

PICK
・Summit:エイトロックス
・OnFleek:セジュアニ
・Dove:アジール
・Route:ミス・フォーチュン
・GorillA:ノーチラス

T1

BAN
・ルブラン
・ランブル
・リーシン
・グラガス
・オラフ

PICK
・Roach:レネクトン
・Cuzz:レク=サイ
・Faker:モルデカイザー
・Teddy:ザヤ
・Effort:ラカン

試合時間は28分で、勝者はT1。MVPはTeddyとなった。

4試合目のBAN/PICK

SB

BAN
・ルシアン
・レク=サイ
・アカリ
・レネクトン
・キヤナ

PICK
・Summit:クイン
・OnFleek:オラフ
・Dove:オリアナ
・Leo:ミス・フォーチュン
・GorillA:レオナ

T1

BAN
・ランブル
・ヴァルス
・ルブラン
・エイトロックス
・シンドラ

PICK
・Roach:パンテオン
・Cuzz:エリス
・Faker:ノーチラス
・Teddy:ザヤ
・Effort:ラカン

試合時間は33分で、勝者はSBとなった。MVPとして再びOnFleekが選出された。

まとめ

予想以上に仕上がっているSANDBOX。決勝が楽しみ!!


参考元:SANDBOX Gaming vs. T1 / KeSPA Cup 2019 - Semi-Final / Post-Match Discussion

オススメ記事

【SB vs GRF】SANDBOX Gaming Griffinの猛攻を耐え抜き勝利する

スウェインのゲーム内セリフはLOLで将来に実装されるコンテンツの予言になっている説【翻訳記事】




ブログランキングに参加してます

このブログを検索

Twitter

共有する

フォローする

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

QooQ