モレロノミコンにラッシュするビルドが必ず強いわけじゃない理由【翻訳記事】

2020年4月13日月曜日

プレイガイド

t f B! P L

モレロノミコンにラッシュするビルドが必ず強いわけじゃない理由【翻訳記事】


やあみんな。Noobな質問なんだけど、忘却のオーブについて教えてくれないかな。
この前何人かが

忘却のオーブから直接モレロノミコンに行くのはもったいない。デスキャップなどの別アイテムを買った後にモレロノミコンに行くべきだ。

という書き込みを見て、実際に何人かがモレロノミコンへの強化を後回しにしているところを発見したんだ。

一体どういった場面やチャンピオンで、忘却のオーブのまま放置するビルドパスを採用すればいいのかな?誰か教えてほしいな。





以下海外勢のアドバイスまとめ

良い質問だね。

まずアイテムを強化するか否かを語るときに重要なのは、そのアイテムの持つゴールド効率なんだ。これはあまりメジャーじゃない考え方だけど、高レートのプレイヤーたちがビルドを組み立てる時にこれを参考にしていることは結構あるよ。

まず忘却のオーブのゴールド効率は89.69%なんだ。次にモレロノミコンのゴールド効率は92.97%になるんだよ。(パッシブは考慮していない)

このゴールド効率だけど、アイテムから得られるスタッツを基に算出しているよ。

例えば忘却のオーブの場合は、得られるボーナススタッツが20APと20HP、そして魔法防御貫通が15だから

・20×21.75=435              ※21.75,2.67,31.11は各スタッツのゴールド換算値
・200×2.67=533.33
・15×31.11=466.67

となり、理論上の値段は1435となるんだ。そしてそれを販売値と比較すると

1435÷1600×100=89.69%ということが分かる。

同じ様にモレロノミコンだと、得られるボーナススタッツが70AP,300HP,15魔法防御貫通だから

・70×21.75=1522.5
・300×2.67=800(本来は801)        +=
・15×31.11=466.67 

2789.17となり、2789.17÷3000×100で、GE値が92.97%ということになるんだ。

※GE=ゴールド効率

そして比較のためにムダニデカイロッド(GE:104.4%)ブラスティングワンド(GE:102.35%)を例に出せば一目瞭然なんだけど、どちらもモレロノミコンよりゴールド効率が優れているんだ。

つまり、ゴールド効率の面だけで見ると、モレロノミコンに強化するためにお金を払うぐらいなら、上記の2アイテムを単体で積んだほうがより多くのスタッツを得られてレーンに復帰できるということを意味しているんだ。

これが忘却のオーブからモレロノミコンに直接強化するのはもったいないと言われる理由だよ。ただしモレロノミコンには重傷という強力なパッシブが存在するから、常に忘却のオーブのままで放置するのが正しい選択肢になるわけじゃないんだよ。

何故なら序盤から強力なサステインを誇るナサスやドクタームンドなどに対抗するには、重傷系のアイテムを積むのは必須になるからね。

これを踏まえて言えるのは、忘却のオーブに留めて、他のAPアイテムを先に積むビルドパスが強いのは、序盤からサステイン対策の必要性がないときだね。



おまけ:モレロノミコンにラッシュした方がいい場面まとめ

ルーン

相手に征服者 or 覇道パスの強欲な賞金首狩りや血の味わいなどのサステイン系のルーンを積んでいる相手がいる時

アイテム

ブラッドサースター、ルインドキングブレード(王剣)、ヘクステック・ガンブレード、デスダンスなどのライフスティールが強化されるアイテムを積んでいる相手がいる時

チャンピオン

ユーミ、ソラカ、ソナ、ナミ、ジャンナ、アリスター、タリックなどの味方を回復する手段を持ったチャンピオンが相手にいる時

もしくは、ドクタームンド、シンジド、ナサス、チョ=ガスなどの自分自身が回復する手段を持っているチャンピオンが相手にいる時

大事なこと

10%ライフスティール持ち or スタックの貯まっていない覇道ルーン持ちがにいた場合はそこまで気にしなくていい。

ただし、レーンで育ちまくった征服者持ちのTOPレーナーやアーデントセンサーを持ったサポートが敵にいるのであればすぐに重傷系アイテムを積むべき。

まとめ

何気にモレロって高いアイテムだから買いたくない時がある。



おすすめ記事

エイトロックスがプロシーンで使われ続ける理由【翻訳記事】

【ジャングラーは悪魔】一日あたりに1180億体のラプターが命を失っている【翻訳記事】














ブログランキングに参加してます

このブログを検索

Twitter

共有する

フォローする

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

QooQ